弁護士に聞いた公務員に浮気が多い理由と予防策、最後はやっぱり〇〇

あなたの身近に公務員の人はいますか?そして、公務員は不倫する人が多いと聞いたことはありませんか?

も、もしかして、あなたのご主人は公務員ではないですか?!最近、帰りが遅かったり、スマホをトイレに持ち込むなどの怪しい行動が目につきませんか?

できることなら、不倫や浮気は未遂で済ませたいですよね?

実は、私の元旦那も地方公務員でW不倫した挙句、女の家に行ってしまった過去があります。私も、できることなら不倫していることは知りたくなかったし、未然に防げる術があったらあんなに傷付くことはなかったと、悔しい気持ちで一杯なんです。

今夜は、当時お世話になっていた弁護士の方に聞いた「なぜ公務員には不倫・浮気をする人が多いのか?!不倫・浮気の予防策と最終手段」について公開し、私のように経験しなくてもいい悲しみを負わないための参考にして欲しいのです。

なぜ公務員には不倫・浮気をする人が多いのか?

では、早速どうして公務員は不倫や浮気をする人が多いのか、弁護士の方の意見をまとめてみました。

女は「安心」「安定」が大好き

公務員の最大の魅力は何と言っても「安定」した職業であること。そうです、お金です。

だから、万が一不倫がバレて慰謝料を請求されても、素直に支払うことが多いのです。しかも、相手が同じ職場の公務員同士なら、職場にもバレたくないので早期解決をしたがります。

それができるのは、やっぱりお金の力

私は、元公務員の妻だったからよく分かりますが、給料はどんなに景気の悪い時でも「2%減」で、生活が苦しくなるほどの減額ではなかったし、そもそも毎年昇給するから全然気にしていませんでした。

さらに、ボーナスは春・夏・冬の3回で、福利厚生も充実。最新の家電が破格で買えるカタログも毎月配られました。

この制度はもうないのですが、昔は有給を消化できなかった分は1日2000円で買い取ってくれたし、役職に就くまでは残業代ももちろん出ました。

よっぽどのことがない限りは首になることはないし、倒産の恐れもありません。

私の元旦那は、同じ職場の女とのW不倫がバレた時「相手の女に慰謝料請求はしないで欲しい。俺が払うから。」と最初は言っていましたが、そのまま逃げるように出て行ってしまったので結局払わず、相手の女も隠れてしまいました。

だから、弁護士さんにお願いしたという訳なんです。

出会いの場が多い

公務員には地方への転勤・出張がよくあります。

元旦那の例で言うと、「都庁⇒都立病院⇒都庁⇒都立学校⇒都庁⇒都立病院⇒都庁」を2~3年周期で繰り返します。国家公務員だと転勤は全国区ですね。

そして、公務員とひと言でいっても色々あります。

例えば、私の元旦那は地方公務員でしたが、消防士・警察官などの体力勝負の職種もあるし、学校の先生も公務員です。このように同期であっても職種は様々なのが公務員の特徴。

幅広い対人関係が気付きやすいのが不倫・浮気をしやすい理由になっているのです。

とにかく、新しい出会いが多いのです。分母が大きいってことですよ!

だから、必然と同じ職場の人と不倫関係になることが多いのです。うちの元旦那も2回目の都立病院の転勤の時に、同じ事務員さんとW不倫してましたから。

ここら辺は弁護士さんの言う通りだと実感しています。

弁護士さんに聞いた公務員の不倫・浮気を防ぐ方法

では、公務員の不倫や浮気を防ぐための手立てはないのでしょうか?

あります!弁護士さん直々のいい方法が!

それは、旦那の職場に知り合いを作ること。

「え?そんなの出来ない!難しい!」と思った人もいると思います。でも、かなり有効なのです。

なぜなら、妻が知っている人が居る環境での不倫・浮気はしにくいから。

ある意味、妻の知り合いはそこに居ない妻の目となり耳となって旦那を監視してくれるのですから。

こんな素晴らしい監視システムは他にありません(笑)。

私の場合は、もう元旦那が出て行った後にこの弁護士さんの話を聞いたので実践できませんでしたが、弁護士さんが私に聞いてきたのは、

「誰か旦那の職場に知り合い居ないの?誰でもいいよ。例えば結婚式で招待した上司でも先輩でも・・・。」ということでした。

そうです。まず結婚式で元旦那が招待した上司や先輩に顔を覚えてもらっていたら、「ご無沙汰してます。」のハガキでも送ってみましょう!メールや電話番号なんかしっていたらなお良いですよね。

私は結婚当初、旦那の部の人に誘われて何度か飲みに行ったことがあります。本当に良くしてくれて、いろんな話をして楽しく過ごしたのですが、さすがに連絡先の交換まではしていなくて今となっては後悔です。

連絡先がなくても、年賀状ならできるでしょう?年賀状に「久々にお会いしたいものですね!」なんて一言入れてみてはどうでしょうか?

ただ、この方法には難点があります。

そうです、公務員には出張・転勤があるのです。ずっと同じ職場なら一度仲良くなってしまえば済むのですが、2~3年周期で職場が変わると、その都度旦那の職場の知り合いを作らなくてはなりません

そんなことできませんよね・・・。かなりいい監視システムにも弱点はあったのです・・・。

最終手段はやっぱりプロの手

そこで、最後の最後はやっぱりプロの手を借りることに・・・そう、探偵です!

私が、弁護士さんに「誰か旦那の職場に知り合い居ないの?誰でもいいよ。例えば結婚式で招待した上司でも先輩でも・・・。」と聞かれて、「そんなのはいません。」と答えると、弁護士さんはココを紹介してくれました。

弁護したいけど、証拠がないと何もできない。当然です。弁護士さんも彼ら(探偵)なしでは証拠をつかむことは出来ないんですね。

 

私は「これって、昔やってた徳光和夫のテレビで、再会するやつですよね?」と、思わず苦笑いしました。

すると、「あ、そうそう!知ってる?俺の名刺見せていいから。」と、言ってくれたのを覚えています。

しかし、あなたは「探偵」と聞いて躊躇しないで電話かけられますか?

おそらく、できないでしょう。あなたの気持ちはよく分かります。私もそうでした。

しかし、想像してみて下さい。旦那さんが浮気していないとはっきり知ることができて、また旦那さんのことを愛し直しているあなたの笑顔を。

または、旦那さんが浮気していると白黒はっきりさせることができて、あなたの未来が変わるかもしれないということを。

私は当時、毎朝、鏡を見てはシワの数だけ数えていました。そこに移っている彼女には笑顔がありませんでした。だって、笑うとシワが増えるから・・・。

でも、弁護士さんと探偵の方々に白黒はっきりさせてもらったおかげで、シワが増えることを気にせずに笑う喜びを取り戻せた気がします。

悩んでいる時間が勿体ないです。勇気を出して笑顔のあなたを取り戻してください。

探偵は、決して安くはないです。しかし、あなたが笑顔を取り戻しこれからの人生が豊かに過ごせるとしたら、その価値はあなた自身が決めればいいのです。

Follow me!