援交目的の女の子にまんまと引っかかった男の話。あなたは見抜けるか?

『出会い系サイトってサクラや業者、金銭目的の女の子もいるのか?回避する方法とは?』では、「サクラ」「業者」「金銭目的女」から逃れる方法を皆さんと一緒に考察してきましたが、今回は実際に「支援」の言葉に引っかかってしまった男性の体験談をご紹介したいと思います。

もちろん彼も、私が出会いマッチングサイトで出会った人です。援助交際はこうやって始まるんだということが生々しく分かりますよ!

アフィリエイト

最初は「苦労」アピールから・・・

私が出会い系サイトで出会った39人目の彼は、仕事でオーストラリアに2年、アメリカに6年滞在経験のある40代でした。女性経験は日本人1人、中国人1人の計2人だけ。あまり女性のことは分かっていなかった感じでした。

出会いマッチングサイトで私と出会いデートをしていましたが、仲良くなり過ぎてそのうち「兄妹」のような関係になってしまいました。なので、彼は私以外の他の女性とも出会い系サイトでやり取りを始めたのです。

そしてある日、「今度、会うことができそうな娘がいるんだけど・・・。デートプランを一緒に考えて欲しい。」と相談されました。彼曰く、相手の彼女は仕事も毎日残業で忙しく、自分の時間さえなかなか持てないほど余裕のない子で、可哀想なのだそうです。どうやら休日も仕事の時があり、「なかなか連絡取れなくてごめんね。」とラインが入ることも多かったみたいでした。

後になって分かったことですが、金銭目的女は初め苦労」や「大変さ」をアピールして、男性の反応を試しているようなんです。

デートでは甘えてみる

そしていよいよデート当日。彼は、ちょっと高級な鉄板焼きのお店を予約し、ホテルの予約もしていました。

高級鉄板焼きは彼女の「美味しいものが食べたい♥」というリクエストで、ホテルは彼が下心むき出しで「マッサージしてあげるよ。」と言ったら「うん!」と返事が返ってきたから予約したそうです。

薫子
てか、私にとって「マッサージ=セックス」じゃん!やる気満々じゃんか!

って感じです。彼は、完全に舞い上がっていましたが、私はちょっと怪しいかもと勘付いてもいました。ただ、ウキウキな彼を傷付けたくなくてそのまま見送ってしまったのです。金銭目的女は、デートの時は可愛く甘えておねだりし、男性が下心を見せても快く受け止めてくれるようです。

セックスの後のLINEで発覚!

食事も終わり、ホテルでマッサージとセックスを済ませ、泊まると思いきや!彼女は翌日も仕事が早いとのことで「朝、連絡するね。」とだけ言い残し、夜中に帰って行ったそうです。

そして翌朝、彼女からのLINEには、「これからも支援してくれますか?」と!!!

彼は、私に連絡してきました。「『支援』って何?」

私は思わず「お前はバカか?!(出川風)」と怒鳴ってしまいました。そして、「セックスの対価としてお金をくれってことでしょ?」と答えると、彼は「『支援』ってご飯も支援になるじゃん?」と日本の「支援」の意味を理解していない様子でした。

彼女は、自分にはもったいないほど可愛らしい人で、スタイルも良く最初は「なんでこんな子が俺と?」と半信半疑だったようですが、男って単純でその日に恋に落ちたんでしょうね。まだ金銭目的の女の子だったと認めたくなくて、長々と熱弁していました。

私はらちが明かないと思って、「だったら、本人に直接聞いてみたら?」と仕向けると、彼は落ち着き本人に聞いてみることに・・・すると、「1回2~3万円。」と見事な回答!彼は、そこでやっと気付いたのです。しかし、彼はそこできっぱり断ることなく、しばらく「高いかな・・・。相場なのかな・・・。」と迷っていました。

ここまで来たら、これは彼の責任と彼の人生なので、私はもう何も言えません。彼が自分で選択すべきことですから・・・。と、ここであのニュースが思い出されます。

新潟県知事が出会い系サイトで出会った学生と、援助交際をしていたことがバレて会見を開いた時の事です。県知事が、「好きになって欲しかった。」と言っていたのが何とも切なくなります。

人間「好き」という情が湧いてしまったら・・・

 

このように、金銭目的の女の子にも色々な方法を持った人がいますが、彼女の場合は、最初の1回はお試しサービス(笑)?本人とは面と向かって交渉せず、LINEで連絡してくるパターンだったようです。

確かに、これの方が女の子としても男性にキレられて危害を受けることはないですもんね。金銭目的女は、援助交際の交渉する時、LINEやカカオですることが多いようです。

薫子
ほうほう、なかなか賢いなぁ~と感心してしまうわ!
アフィリエイト

まとめ

前回の『出会い系サイトってサクラや業者、金銭目的の女の子もいるのか?回避する方法とは?』の中で、金銭目的の女の子を逃れる「キーワード」を教えましたが、彼女らも生活が掛かっているので必死です。

なんとか、次へ繋げようと男の心理をついてくるやり方を打ち出してきます。それに引っかかってもいいと思えるのなら、私はそれでいいと思うのです。

彼女たちの「いい客」になろうが、「いいカモ」になろうが、納得して付き合うのなら、誰が何と言おうと私はアリだと思いますよ。

でも、それは無理!駄目!嫌だ!と思うのであれば、今回の彼の体験をどうか生かしてやってください!!!結局、彼は彼女とは一切連絡を取らない選択をしました。

出会い系サイトってサクラや業者、金銭目的の女の子もいるのか?回避する方法とは?

2018.05.14

Follow me!