【シニアのセックス事情】シニアの本音、繋がったまま腹上死したい

長く出会いマッチングサイトを使っていると、出会い系には意外と50~60代の男性が多いことが分かります。

私の出会う人にも50代の人がいるけど、みんな紳士で甲斐性があり、女性の扱いを知っている人生経験の多い人。彼らが出会いを求める理由とは何なのか・・・

ということで、皆さんこんばんは。薫子です。今回のテーマは『シニアのセックス事情 繋がったまま腹上死したい!なぜ50~60代男性は出会いを求めるのか?』です。

若い時に必死に働き、家族を養い、仕事で地位も得たシニア手前の彼らは、どうしてそんなにまでして出会いを求めるのか、インタビューも含めてちょっと探ってみることにしました。

自分のモノがあと何年使えるのか分からない

 

やはり感じたのは、男の焦りでした。

<インタビュー>44人目の55歳男性。自営業をしている独身で見た目はガッチリ系。白髪交じりの短髪で声が低く黒のジャケットをよく着ているとてもダンディな人でした。

出会い系で出会いを求めていたのは、朝勃ちすることもなくなったし、風俗に行ってもイケなくなったことがあって、女の子に変な顔をされたことがやっぱりきつかったかな・・・。

自分のモノがあと何年使えるのか分からなくて、不安になったからだ。セックスができれば男として自信を取り戻せると思った。最後の恋のつもりで出会い系をやってみたんだ。

 

この気持ち共感する男性は多いのではないでしょうか?残りの男性としての人生を逆算した時に、あまりの短さに焦りを覚えてもう一度だけでも!という気持ちで出会いを求めていたようです。

それは、分かる気がします・・・。女性も女として見てもらえるのは、何歳までか・・・とても不安になることがあります。

死ぬ前に今まで出来なかったエッチを叶えたい

まれにこんな人もいました。それは男の夢でした。

<インタビュー>20人目の61歳男性。エリート大学卒の公務員。既婚者ですが奥様とはもう20年以上のセックスレス。

年齢よりもかなり若く見え、女性の心を掴むような会話術を持ている人でした。今まで自分は妻と結婚をする前に1人としかセックスしたことがなくて、結婚後もワンナイトラブで2人ほど経験があるくらい。片手で収まるほどの女性経験で、もっと色んなエッチ経験をしたいとずっと思っていた。

けど、奥さんには頼めるどころか普通のセックスすらなくなって「あーこのまま叶わずに死ぬのかな~」って思うとなんだかもったいないって言うか・・・虚しいって言うかね・・・。それで、使い慣れないスマホとにらめっこしながら出会い系に登録してみたって訳。

俺、乳首つままれながらの方が感じたり、ののしられたりすると興奮するの(笑)そんなこと誰にも言えなかったからさ。思いっきりMになってエッチしてみたかったのよ。

 

と、この人は自分が男なのにMであることに罪悪感を感じながら生きてきたようでした。今までの女性とのセックスは「男が主導」が正しいものだと自分に言い聞かせてエッチをしてきたのだと言います。

しかし、本当は女性に虐めてもらいたいし、ちょっと痛めつけて欲しかったのでしょう。定年を迎え、今までの自分の人生を振り返る時期に差し掛かった時、わがままになり叶えられなかった夢を掴んのだと思います。

繋がったまま腹上死したい

ずばり、最期の瞬間をセックスしながら迎えたい男の最期の希望でした。

腹上死とは・・・性交中に突然死すること。医学的には性交死(せいこうし)と表現される。

例えば、高血圧の人がセックスによって血圧が上がり脳卒中を起こしたり、もともと心臓の悪い人が性的興奮で心拍数が上昇し心臓が止まることで死んじゃうことですね。

<インタビュー>この人とは実際に会うことは出来なかったけど、お話をメールでやり取りすることは出来ました。

71歳男性、12年前に奥様を亡くし現在は1人。会社を経営していたこともあり生活には困っていないようでした。毎朝、行きつけの喫茶店でモーニングを食べるのが日課で、競馬が趣味だそうです。

わしは、女の腹の上で死ねるのを待ってるんだ。回数は出来ないけどまだまだちゃんと女をイカせることはできるぞー。この前は、スナックのママさんとヤッたんだけど、彼女、息子の学費に困ってて可哀想だったから、わしが少し助けてやったんだ。

金なんて残したって意味がないんだよ。わしには子供もおらんし、女房もいねぇし・・・。だから、必要としてる人にくれてやればいいんだ。その代りと言っちゃあーなんだけど、抱かせてもらっておっぱいの上で死ねりゃ、こんないいことねぇよ。

 

私は、この方の話を聞いて究極の域だなと思ってしまいました。半分冗談で話しているのかもしれないけど、彼の本音を聞けて男性の根深い性への執着を見ることができました。

まとめ

インタビューをし、50~60代の男性がなぜそこまでして女性と出会いたいのかを調べてみましたが、男性の性に対する想いは私には計り知れないものだと分かったような気がします。

安易に自分の快楽を満たすだけのセックスだけではなく、人生の終盤に差し掛かり男としての存在価値を再確認するための出会いもあるのだと強く感じました。

みなさんは、どう感じましたか?

今回、私が使った出会いマッチングサイトはこちら

「男の焦り」「男の夢」「男の最期の希望」を叶えられるのは、私が長く使わせてもらっているマッチングサイトの「PCMAX」です。登録も簡単なのでお勧めしています。

▼ミドルエイジの方が多く登録しています▼出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

数多くの女性誌でも取り上げられていて、若い女性ユーザーが多いのも魅力です。さらに、会員数1000万人を超える最大手だということもあって、色々なタイプの人と出逢えます。

例えば、私が印象的だったのが40~50代の人妻で旦那さんが相手にしてくれないとか、出張中だから若い人とセックスしたいという人。あとはOLさんで会社で出会いがなくて、男性と話してみたいとか。もちろん20代のピチピチの遊びたい盛りの子もいましたね。(ピチピチって表現は死語かな(笑))

そして、私が「PCMAX」で気に入っているところは、近隣に住んでいる人の書き込みだけが表示されるところ。せっかくセフレを探しているのに北海道と沖縄でやり取りしてても仕方ないですからね。メル友ならいいけど(笑)

「PCMAX」の使い方は簡単です!まず、無料会員登録をしてプロフィールを作ります。後は、掲示板で募集の書き込みをしたり、女性のプロフィールや書き込みを見てアプローチしてみたり・・・。

でも、最初は誰でも勇気がないもの。知らない女性になんてメッセージを送ったらいいのか分かりませんよね?そこで「PCMAX」では、「気になります!!」ボタンがあるから安心して♥

これは、気になるけど、どんなメールを送ればいいのか分からない時の救世主的システムです。女性には「お相手のプロフ情報が少ない場合は、もっと詳しくプロフが見たいと言ってあげてね☆」と出ます。慣れない時はどんどん使って積極的に女性と出会いましょうね♥

やり取りを進めていくうちに電話番号やLINE、カカオの交換をして、コミュニケーションを深めていきます。そして、デートの約束。お互いに目的が同じなら会うまでに時間はかかりません。

そもそも、マッチングサイトに登録している女性は、「人肌恋しい」「彼氏にかまってもらえなくて寂しい」「なんかムシャクシャしてて誰でもいいからエッチして欲しい」なんていう出逢いを求めて登録しています。普段の生活で出逢いを求めるより、遥かに効率良く女性に出逢えるのです。

「やらないで後悔するより、やって後悔した方がいい!」私が高校生の時に片思いしていた生徒会長が言っていた言葉です。もう何十年も前のことですが・・・(笑)どうでしょう?

やらなかったら昨日の自分と同じ。でも、やってみて素敵な女性と出逢えたらラッキーですよね。宝くじと同じですよ。宝くじが買わないと当たらないように、マッチングサイトも登録してみないと何も始まりませんから。

 

▼大人の関係を築きたい方はこちらもお勧めです▼

60代だからってセックスできない・しない・したくないなんて嘘

2018.03.18

【シニアのセックス事情】人は何歳までセックスできるの?セックスしたいの?

2018.02.27

Follow me!